主婦キャッシング

主婦でもお金を借りられる?

総量規制について新聞画像

 

総量規制』という法律で、ご自身の年間所得の3分の1以上のお金を借りることができなくなってしまったため、収入が全くない主婦の場合はキャッシングができなくなりました。

 

このように総量規制対象の業者では、
配偶者の所得証明や、同意書などが必要」になります。

 

主婦がキャッシングする方法

全ての業者がこの総量規制の対象ではなく、
銀行が運営しているキャッシング業者であれば、この年間所得の3分の1以上という縛りがないので、
パートアルバイト等の収入があれば主婦の方でもお金を借りる事が可能です。

下記に大手で安心のキャッシングを紹介しています。総量規制対象外の金融機関であれば、パートアルバイト等の収入があれば主婦でもキャッシングが可能です。
総量規制対象外参考画像


主婦に人気!安心のキャッシングはこちら!

レディースレイク  30日、180日無利息期間を選べる

新生銀行の傘下にあるレイクが、女性専用として行っているキャッシングサービスがレディースレイクです。
このサービスでは、小額の借入れには収入証明が不要ですので、主婦の方でもパート、アルバイトなど収入がある方なら利用できます。
インターネットでの申し込みでは審査も早いので、急ぐときには重宝します。


貸付利率(実質年率) ご融資額 総量規制
4.5% 〜 18.0% 1万円 〜 500万円まで
(主婦は30万円まで)
対象外
モビット  10秒で結果表示!
モビット


モビットはCMでも良く見かける認知度の高いカードローンです。
1万円から借りられます。
信用できる大手から借りたいけれど10万円も必要ないという方にはモビットがぴったりです。
審査も早く、最短3分で指定の口座に振り込んでもらえます。少額をを急いで借りたい方におすすめです!
(※平日14:50までに振込手続き⇒3分程度でお振込)

貸付利率(実質年率) ご融資額 総量規制
4.8% 〜 18.0% 1万円 〜 500万円まで 対象
(パート・アルバイトなど
安定した収入がある方)
レディースプロミス  30日無利息期間あり

CMでもお馴染みで知名度抜群!安心して利用できるキャッシング会社です。

プロミスが女性専用のレディースプロミスを開設しているのは、女性スタッフ対応など女性にも敷居の低いキャッシングを目指しているためです。
安定した収入のない女性にも手軽に借りられるようにとの配慮から収入証明不要でのキャッシングは主婦にも人気があります。
(※無利息期間の利用はプロミスポイントサービスにお申込された方が対象です)

 

金利(実質年率) 融資額 総量規制
4.5%〜17.8% 1〜500万円まで 対象
(主婦は30万円まで)

主婦の方のキャッシングの悩み

主婦の方のキャッシングを考えている方は増えています。友達との交際費もかかりますし、時にはほしいものもありますよね。生活するうえで急な出費もかかる場合もよくあります。 旦那さんや家族に内緒でお金を借りたいという場合も多いでしょう。
夫や家族に内緒で借りられるの? キャッシングでよくある不安にある『家族に内緒でお金を借りたい』という点についてですが、
上記で紹介している業者であればご自身を確認できる証明さえあれば、パートやアルバイトで安定的な収入がある場合は家族の方の同意や、収入の証明も必要ありませんので、家族に内緒で借りることが可能です。

主婦のキャッシングについて

主婦画像

キャッシングとは、緊急時に何かと便利なものでもあります。 特に急な出費が必要となるのは、主にサラリーマンなどではなくむしろ彼らに扶養される立場の主婦層ではないでしょうか。 冠婚葬祭はもちろん、近所づきあいや親類の出産祝いなど、とにかく急な出費というのは突然ふりかかるものです。 そんな場合に手持ちの現金では心もとない、でも手元にお金はこれだけしかない。 そんな時、頼りになるのがキャッシングです。
主婦の人がキャッシングを利用するにあたり、注意したいのが収入の有無です。 たとえば会社に勤めているサラリーマンの人がキャッシングを申し込んだ場合、他に多重債務があったり、過去にブラックリストに掲載された前歴でもない限りは問題なく借り入れを受けることができます。 また、会社員でなくてもパートやアルバイトなどで一定の収入があれば返済能力があると判断され、キャッシングを受けることができるでしょう。 しかし、主婦の場合は基本的に働いていませんので収入を得ることができません。 キャッシングとはいえ、その実質はお金を借り入れるわけですから、収入のない人=お金を返すことのできない人には貸してくれません。
実際に借り入れを受けることができるかどうかを判断するうえでポイントとなるのが、「総量規制」という法律です。 この総量規制とは、キャッシングを受ける場合「年収の3分の1」までしか借り入れを受けることができないことを規定しています。 収入の総量たる年収の中で借り入れできる枠を規制しているので「総量規制」というわけです。 この法律の規定では、仮に一定の収入があるサラリーマンであっても、年収の3分の1の金額を超えてキャッシングを受けることが不可能となります。 ただし、住宅ローンなどはその総量規制の範囲からは除外されます。
では主婦の人は借り入れを受けられないのか、といえば、まだ諦めるのは早いです。 主婦の人であっても、パートやアルバイトなどの収入があればキャッシングを受ける方法が存在します。 専業主婦の借り入れは奥様カードローン/収入なしの専業主婦でもOKなのはここ!が参考になります。 実はこの総量規制という法律にはいくつか例外があり、先述の住宅ローンなどもその一つなのですが、その中に「配偶者貸付」というものがあります。 これは、その名の通りキャッシングを受けようとする人の配偶者の同意があれば、その配偶者の収入を返済能力とみなして借り入れを受けることができる、というものです。 主婦でパートなどをしている方は確かに収入が少ないかもしれませんが、会社などに勤めている旦那さんは当然収入があります。 住民票などのように夫婦関係があることを証明する書類などを用意すれば、主婦の人であってもキャッシングを利用することができるというわけです。 ただし、総量規制で定める「年収の3分の1」の範囲内になりますので、もし配偶者が他社で上限までキャッシングを受けていた場合は当然ながら借り入れを受けることはできません。
キャッシングともなればすぐに判断することが難しい問題です。 まずは配偶者に相談し、同意が得られるようであればキャッシングを申し込んでみると良いでしょう。